畑の小学校とは?

畑の小学校とは?

畑の小学校へようこそ!
ここはふつうの小学校とはちょっと違います。
何が違うのかというと、この小学校は自給自足の小学校だというところ。
教室は、この目の前にある一枚の畑です。

自給農法の畑って?それは、毎日の暮らしに必要な物がいつでも必要なだけ手に入れられる。そんな八百屋さんのような畑作りです。

「そんなのむずかしいんじゃないの?」
「自給自足なんて大変なんじゃない?!」
そんな声が聞こえてきそうですが心配はいりません。
なぜならここは小学校なんですから。

・・・・・・・・?!

そうなんです。
自給は本当は誰にでもできる、人間の基本的な行為なのです。だからこの、我が畑の小学校は子どもから大人まで、年齢を問わず誰でも参加してもらえるようになっています。

誰にでもできるといっても、それにはちょっとしたコツ、自給に沿ったやり方を知らなければなりません。
それは「自給」というシンプルなことばの意味を理解するということ。
なぜならそこから「自給の第一歩」ははじまるからです。

勉強をするといっても畑の小学校には、試験も通信簿もありません。
あえて言うなら、この学校に参加し1年を終えた皆さんが手にしている収穫物、それこそが通信簿です。


どうですか?わかりやすいでしょう。
「まったくの素人にそんなことができるの?」
「そう簡単にいけば苦労はしない」

また声が聞こえてきそうですが、信じられない!と思うなら、ご自分の目で確かめてみればいいのではないでしょうか?
そんな自給のための小学校は、いままさに始まろうとしています。

 

これまでの活動を見る

プロフィール
プロフィール

団体名  :畑の小学校 はたけのしょうがっこう

法人の種類:任意団体

代表者氏名:市川 創志
所在地  :京都市右京区京北町
連絡先  :お問い合わせは、こちらからご連絡ください。

 

活動:畑のワークショップ、イベント開催
毎月1回定期的に、自給に基づいた畑作りを中心とした講習会を開催しています。小学校という名称ですが学校法人ではなく、また参加年齢に制限も設けていません。自分に合った畑環境作りと、季節に応じた作物の育て方・種まきから手当の仕方、作物の利用法など、年間を通じた講座で、自給による農的暮らしに必要な基本的な技術を学べます。
詳しくは、自給農法についてをご覧ください。

 

ワークショップの日程・イベントなどの詳細情報はこちら